スポーツ整体を学ぼう|コリをなくせば平和になれる

婦人

病院からの奨学金

ノートとペン

病院奨学金とは、卒業後一定期間その病院で働くことを条件に貸与される奨学金のことです。卒業後一定期間病院で働けば、奨学金の返済は免除されます。その代わりに、看護学校時代に休学、中退したり、国家試験に不合格だったりすると一括返済を求められます。また、卒業後の一定期間は転職や退職はできません。転職や退職した場合にも、全額返済を求められます。卒業後の働く期間には病院により差がありますが、三年間が一般的です。学費の心配が少なくてすみ、就職先の心配も不要なため、勉強に集中できるという利点がありますが、三年間は転職できないという点もふまえてきちんと学校を選ぶのが大事です。病院奨学金の有無だけでなく、病院の雰囲気もチェックしてから看護学校を選ぶとよいでしょう。

病院奨学金の利用者が多いのは、返済を免除してくれるというメリットが一番の理由です。一般の奨学金では、無利子ではあっても返済の義務が必ず発生するため、卒業時に総額100〜200万円の借金を追うことになります。無利子とはいえやはり借金であるため本人のプレッシャーは相当です。その点、働きさえすれば借金が免除されるというのは大きなメリットです。また、就職先も決まっているということなので、その点についても迷うことがなく時間を有効に使えます。上手に病院奨学金を利用すれば、学校生活をより充実させることもできます。看護学校は実習などで忙しく、アルバイトの時間がないという場合も多いのでそういった人でも安心して通うことができます。