スポーツ整体を学ぼう|コリをなくせば平和になれる

婦人

目に関する仕事

お灸

目のトラブルの原因

眼科では医師の他に視能訓練士や看護師などが従事していて、患者の治療や回復の手助けをしています。目や耳は人とコミュニケーションを取ったり情報を得るために無意識に使われるものですが、電子機器が普及するようになってからは目からの情報が圧倒的に多くなっていると言われています。これらの普及は生活が便利になった反面、目を酷使する原因にもなっていて、目のトラブルや病気にもつながっています。老眼や緑内障などは本来は年齢が高い人がなりやすい症状や病気なのですが、最近ではこれらの影響で若い世代でも増加していると言われています。目のトラブルを予防するブルーライト対策なども進んでいますが、今後も患者数は増加していくことが予測されます。

仕事内容

眼科では視力をはじめ、屈曲や眼圧など様々な検査をして目に異常がないかを調べていきますが、これらの検査をしているのが視能訓練士です。視能訓練士は国家資格であり、指定された養成機関に通って卒業した人でなければ国家試験の受験資格を得ることができません。養成機関は全国にいくつかありますが、多くの場合4年生の大学か3年制の専門学校となっています。視能訓練士は斜視や弱視などの人達に対して専門的な視力訓練をすることを目的として作られた国家資格なのですが、現在では専門的な検査などを任されるほど業務の内容は拡大しています。そのため、医療機関だけではなく学校や企業などで行われている健康診断で視力検査を行うなど活躍の場が増加しています。